DO★TABATA BLOG

設計事務所の楽しく、くだらない今日

基礎工事

Category: 未分類

Tag:

こんにちは。

 

急ぎの仕事が突然舞い込んできたため、先週行った現場の様子を伝えられずにいました。

一時的に落ち着いたので書きます。

 

 

あまのじゃく退治をした場所です。

ついに始まりました!

 

今は基礎工事中ですね。
べた基礎と呼ばれる基礎を施工しています。

立ち上がりの鉄筋が組まれている部分が壁の部分です。

この鉄筋の場所に、基礎の立ち上がりを施工していきます。

木造の建物における基礎の立ち上がり高さは、法的に地上300㎜以上にしなければならないと定められています。(例外もあります)
理由は、湿気対策と換気です。
ちなみに床高は地上450㎜以上です。これはまたいつか説明します。

※過去の現場より

基礎の立ち上がりはこういう型枠を使って施工します。
型枠にコンクリートを流し込んで固めます。

※過去の現場より

固まって型枠が外れるとこのようになります。

 

 

さてここで。

このように、基礎の立ち上がりは1本の線のようではなく、所々に空きがあります。
写真の赤い矢印がそれを示しているのですが、なぜ空きがあるのでしょうか??

 

その理由は、 点検のため です。

この空きは 人通口(じんつうこう) と呼ばれます。

 

家の中の水栓がある各場所(お風呂・キッチン・トイレなど)に1本ずつ給水の管が繋がっておりまして、

こんな感じで配置されています。(すごくざっくりした図ですみません)

何年か使い続けていたら漏水した!という事態になった時、漏水の原因を調べます。
業者の方が、どこか目立たない場所に設置した床下点検口から床下に潜り、床下を這うように移動しながら点検します。

人通口があれば、漏水時でも点検や修理・交換ができるというわけですね~。
ちなみに人通口は幅600㎜以上確保です。

以上、設備の維持管理に必須の存在「人通口」についてでした。

 

 

……こんな感じで自分の中で噛み砕いて理解できているものに関しては、
今後もこうして発信できればなと考えています。

家を建てようとお考えの方々のほうが詳しく調べて理解してらっしゃることも多いので、参考になるか分かりませんが…。

まぁ、半分は自分のためでもありますし。
勉強したことを他人に教えることでより理解できて記憶が定着しやすいというのは学生時代に体感しているので。

 

 

今後ともよろしくお願いいたします。

現場に行った時にまた更新します。

失礼いたします。

 

なかむら

 

 

神戸 建築事務所 設計事務所


Written by

コメントはありません。

次のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL:https://www.ldhomes.jp/dotabata/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/5894/trackback/