DO★TABATA BLOG

設計事務所の楽しく、くだらない今日

蝉が本格始動のための準備運動をし始めましたね。嫌です。

なかむらです。

 

 

社内ではたびたび会話が繰り広げられます。
そのきっかけはほぼ決まって大島です。
社内で一番の話好きは大島だと思っています。
いつも最低でも30分くらいは8割負担で喋っています。

 

では本日は、昨日繰り広げられた会話から。

「家を持つということ、住むということ」

 

 

話の始まりは何だったか、たしか土地の価値の話からだったような。
地価が変わらないと思われる場所は資産として土地を所有しておくといった話が最初だったと思います。

そこから家を建てる話になり、建てるにあたっての資金の話になりました。
昨今の物価上昇の波に見事に乗っている建築業界ですが、
それが原因で家が建てられない(買えない)、あるいは買えるとなった時の年齢の関係でローンが組みにくいといった問題があります。
ローンに関しては晩婚化も一つの理由として挙げられると思います。

 

では、賃貸はというと。
年齢の関係で家が借りられない問題です。
子供が家を出たから、パートナーを亡くしたから、体の自由がききにくくなったから、などの理由で家の改装をしたくても、
その間の仮住まいとしてでさえ借りられないこともあるんだとか。
オーナーがどうしても万が一の可能性を排除できずに渋ってしまうのでしょうね。

 

でもそれって年齢で区別できるものではないと思うんです。
確かに年齢の関係は多少あるとは思いますが、病魔が誰に住み着こうか考える時に年齢で選んでないはずで、
世間から若いと言われる年齢の方が大病を患うことは珍しくないですし。

先日、若い芸能人の方が脳出血で倒れたという報道がありましたが、その時に知人と一緒だったようなので助けを求められたんだと思っています。
もしこれが一人でいる時に起こったとしたら?出先で一人ならまだしも、一人暮らしの家にいる時だとしたら?
おそらく自力で電話をかけて救急車を呼ぶことは難しいのではないかと思いますし、そうなると最悪の事態になりかねないわけで。

こんなこと考えだしたらキリがないんですけどね。
賃貸は確かにオーナーの意思が存在するので難しいですけど、持ち家であっても結局は同じなんですよね、この問題は。
同居人が出かけていてその時家には一人でいたとしたら賃貸の一人暮らしと状況は同じです。
いつかは同居人が帰ってくる点が違うくらいでしょうか。

であれば、住むのが自分一人になった時に万が一のことを考えると、最終行き着く先の一つが施設になるのだと思います。
となると、家を建てる意味はあるの?賃貸が難しくなったら施設があるし、となってしまわないかが不安なのです。

 

でも一生賃貸といわけにはいかない現状、少し調べるとセキュリティー会社が提供するサポートシステムの存在にたどり着きました。

・毎朝電話で体調や安否の確認がおこなわれてご家族にメールが届く
・緊急時にはペンダントタイプのSOS送信機ですぐに助けを求められる
・いつでも健康や食事などの電話相談が可能

などといったサービスがあるようです。

これを持ち家に設置すれば不安も多少は軽減されるのかなと思いました。
これから需要が増えそう。

また、これを賃貸のオーナーに提案してご高齢の入居希望者はこのシステムの利用を条件に入居が可能になるという仕組みをとっている賃貸も一部地域であるようで、
オーナーにとっても入居者とそのご家族にとっても良い、いわゆるwin-winの関係が成り立つとのこと。
これは今後の住まいのあり方の一つとして面白いなと思いました。賃貸の空室が埋まりますし、入居者は安心して暮らせますからね。

 

これからの生活はどうなっていくのでしょうね。
生活様式、働き方、住まい、お金、その他すべてにおいて変化の時期が来ているように感じます。

ちなみにですが、こういう話の結論はたいてい「人生って生きづらい」に落ち着きます。
基本、人生規模です。
働けど働けどお金が貯まりにくい世の中で、欲しいものを諦めざるを得ないこともしばしば。
その諦めのなかに持ち家が含まれてしまわないように願うばかりです。戸建てであれマンションであれ。

 

 

 

……どうせならもうちょっと明るい未来がある話をしたかったのですが、なんかモヤっとする結末で閉幕しました。

 

それではまた。


Written by

個別ページ - Comment: (0) - コメントする

完結。

Category: 未分類

Tag:

 

2019年4月。

私がL.D.HOMESに入社して1ヶ月も経っていない頃、
初めて、ご相談からお引き渡しまでかかわることとなるお客様と出会いました。

 

2020年6月。

ご自宅が完成し、お客様のもとへ旅立ちました。

 

 

かつて頭に浮かべていた夢の一部を実写で見ていたように思います。
あ、この仕事においてこういう瞬間のこういう景色を見てみたかったんだと。

すべてがスムーズに進んだかといえばそうとは言い切れませんが、
楽しく家づくりができたと私は感じています。
まぁ、私は打ち合わせの議事録をとったり申請手続きをしたりで、デザインしたわけではないのですが。

 

しっかりと打ち合わせに参加したのが初めてでした。
まだ形になっていない段階から徐々に形になっていく過程を初めて見ました。

学校で専門的な勉強をしたとはいえ、所詮は学生レベルです。
社会人になった時に、実務においてそれは1%にも満たないんだなと突き付けられたことをよく覚えています。

 

この土地は特殊でした。
「幅4m以上の道路に2m以上接している土地でないと家は建てられない」と法律で定められているのですが、接していません。
包括同意という基準により許可を得ないと建てられません。

役所へ出向き、初めて触れる話を聞きながら必死でメモを取り、乏しい知識を絞りながら自分なりに噛み砕いて解釈し、
土地を見に行き、測り、言われた通りに見本の通りに書類を作成しました。
どうにか許可を得られた時の安堵は忘れられません。

この作業をし始めたのがちょうど1年前で、そこから2ヶ月ほどの期間を要しました。
あれからもう1年も経ったのかと驚きました。早い。

 

工事が始まって現場打合せをして、完成して引き渡し。
長かったような短かったような。
お客様も不思議な感覚だとおっしゃっていたように記憶しております。

お客様からお礼の品をいただきまして、それに添付されていたお手紙です。
嬉しいです。
ありがとうございます!

入れ物のデザインが好きだったので記念に一枚。
こういうラフスケッチ好きなんですよね~。

 

以前もこのブログに書き連ねましたが(2019.07.09の記事)、
やはり人との繋がりは大事ですよね。
どれだけIT技術が発達しようがAIに仕事を奪われようが、
最後に人の心を埋めるのは結局 人 なんだなとつくづく思います。

 

一番最初のご相談からお引き渡しまで、
途中コロナウイルスの関係で最少人数で行うため現場に伺えない時期が2ヶ月ほどありましたが、
最後までかかわれて良かったです。

 

引き渡しに立ち会えてよかった。

 

 

 

今後ともよろしくお願いいたします!!


Written by

個別ページ - Comment: (0) - コメントする

・・・どなた??

Category: 未分類

Tag:

ご無沙汰しております。

 

新型コロナウイルス感染症の影響で「現場打ち合わせは最小限の人数でやろう」となり、
設計者ではないため必然的に現場へ向かうことがなくなってしまった中村です。

 

 

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

緊急事態宣言が解除されたとは言え、行く末に不安がたくさんあります。
ウイルスなんてとっとと消滅してくれ!と願わずにはいられません…。

少しでも早く、ウイルス蔓延前の日々が戻ってくるといいですね。

 

 

 

さて先日、この時期恒例の事務所のカタログ整理を行いました。
整理というか、更新ですね。

メーカーカタログは次々と更新されていくので、その都度こちらも更新します。

結構な量があるのでわりと大変です。

 

 

新しく届いたものを古いものと入れ替えようと探すのですが、これが案外見つからないもんでして。
収納の分類(キッチンはここ、トイレはここ、金物はここ、など)はしてあるのでそこまでは良いんですけど、

そこから先なんですよ、難所は。

 

「ここにあるはずなんやけどなぁ……」と心の中で独り言ちながら探します。

 

なぜさっと見つけられないんでしょうか。

 

見つけたら見つけたで、「すぐ分かるところにあるやん!」とこれまた心の中で独り言つのですが。

 

 

そんなこんなで更新作業中、しばらく動きが止まってしまうカタログと出会います。


・・・・・(._.)?

 


・・・・・・・(._.)??

 


・・・・・・・・・(._.)!?

 

 

どこのカタログかと思えばKAKUDAI様、遊び心が過ぎてらっしゃるように思われます。
(※このようなことはとても好きです。)

 


去年はかっこいい水栓やったのに。笑

いいですねぇ~、好きですよ~。

 

以上、仕事中の一コマでした。


Written by

個別ページ - Comment: (0) - コメントする

 

こんにちは。
L.D.HOMESです。

 

皆様も報道等でご存じかと思いますが、
弊社の拠点・神戸市が属する兵庫県に日本政府より緊急事態宣言が発令されました。

これに伴い、お客様との接触による感染拡大のおそれを考慮しました結果、
ご相談に関しましては平時の対面式の打ち合わせを取りやめ、
お電話やWEBを利用した打ち合わせに切り替えることとなりました。

 

 

下記リンクより詳細をご覧ください。

 

新規ご相談の対応方法について

 

 

なお、営業時間は通常通りでございます。(2020.04.14現在)

 

 

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。


Written by

個別ページ - Comment: (0) - コメントする

家の断熱

Category: 未分類

Tag:

右瞼の痙攣が止まらない中村です。
こんにちは。

眼を酷使したときによく起こる症状です。慣れたもんです。
慣れるべきではないものだとは思いますが。

経験上、日が経てば治まるはずですので。(にしてもなんで右だけなんや。)

 

 

本題です。

先日の現場。断熱材が入りました!
家の生活における快適さを保つ役割を担っています。

 

弊社は標準仕様として、壁と天井に「繊維系断熱材」を使用しております。グラスウールです。

 

グラスウールの原料はガラスです。
ガラスを溶かして繊維状にし、それらを複雑に絡み合わせます。

その絡み合った繊維の間には空気がたまります。
この空気がたくさん集まることで断熱材として働いてくれます。
“動かない空気は最大の断熱材”だそうですよ。

ちなみに、繊維系断熱材を使用するときは「充填(じゅうてん)断熱」と言います。

 

「発泡プラスチック系断熱材」として有名な発泡ウレタンフォームは「吹付断熱」と言います。
(過去の記事にちらっと吹付断熱に触れた記事がございました→今日の断熱

吹付断熱に変更することも可能です。費用は高くなってしまいますが…。

 

 

話を戻して。

この繊維系断熱材の施工は、大工さんが測って適切な大きさに切り、ステープラーで留めます。

外部に接する壁、つまり外壁の室内側に施工していきます。
間仕切り壁などの内部にある壁には施工しません。

 

天井の断熱材の施工はもう少し後ですね。
天井の断熱材は、最上階の部屋の天井にのみ施工します。
平屋なら1階の天井に、3階建てなら3階の天井に。3階建ての2階部分の天井は3階部分の床となりますので施工しません。
外気に触れる天井と言えば分かりやすいでしょうか?もうそれより上に階がない天井ですね。

 

床にもスタイロフォームという断熱材を使用しています。1階の床下のみです。外気に触れる床ですね。

 

つまり、家をぐるっと1周するように断熱材を施工するのです。
断熱材で立方体を作るイメージです。

 

 

……分かりにくいか。

ちなみに天井断熱は屋根断熱に変更することもできます。やはり費用は高くなってしまいますが。

 

 

 

 

以上、断熱材についてのお話でした。

失礼いたします。

 

 

神戸 設計事務所 建築事務所


Written by

個別ページ - Comment: (0) - コメントする