シンプル住宅について

L.D.HOMES®のシンプル住宅とは。

1.シンプルという潔さ

−全体的なデザインについて−

個性的なデザイナーがつくる住宅ではなく、住み手の生活の自然で美しい背景となるようなシンプルなデザインの住宅を目指しています。

その為に色々なことを考えていますが、例えば、建具は床から天井まで、壁から壁まで隙間無く作り、ハンドルや取っ手もカッコいいデザインではなく、さりげないものとすることで壁と同化し、その存在を気取らせないようなものとしています。

余計なことはしない。つくらない。必要なことだけ。
潔さを求めていると言っても良いのかもしれません。

住む家族によってオーダーは様々ですし、求められるインテリアの雰囲気も様々ですが、この考え方は今まで手掛けた家に一貫している共通のベースとなっています。

2.最小限の生む豊かさ

−間取りについて−

施主によって要望は多種多様ですが、建物の金額は基本的に床面積に比例する為、敷地条件を考え、要望を満たしつつも一番面積を小さく、出来るだけ合理的で無駄の無い間取りを考えます。
無駄を無くして小さく出来た分、お金を他の部分にかけた方が良いと思っているからです。

もちろん、敷地によって形状や方位、周りの環境がすべて違いますし、何より空間的に魅力があるものにしないといけないので簡単な様でとても難しいことですが、それがコストパフォーマンスの高い家になるのではないでしょうか。

3.商品ラインナップはございません

−性能について−

住宅性能表示制度で耐震等級や断熱等級というものがありますが、注文住宅はフルオーダーが基本であり、商品ではないという考え方から、全棟共通で、この等級、この工法という形はとっていません。要望から耐震等級3で設計する条件であれば、そのように設計致します。ただ、やみくもにスペック的な数値だけを追っても良い家になるとは限らないとも考えています。

例えば省エネ性能を追えば、窓を出来るだけ小さくすることが有効なのですが、非常に良い眺望の得られる敷地条件でそれに固執するのは正解でしょうか?
基本的にはそのような敷地条件のことや間取りや意匠、施主の考え方を含め、すべて相談しながら進めていきます。

4.偽物は使わない

−仕上げ材について−

住宅の仕上げ材は出来るだけ本物の自然素材の方が良いと思っていて、その素材らしさを大切にしています。

例えば世の中には新建材と呼ばれる木目調のシートをつかった建材がありますが、弊社では採用しません。どんなに精巧なものであっても素材の使い方が何か間違っている気がしますし、なによりも自然素材の最大の魅力である風合いと経年変化が無いからです。

ただ、別にシートが悪いと言っている訳ではありません。仮にシートを使う場合は無地のものを採用します。この素材がダメというわけではなく使い方だと考えます。

5.基本的に全てつくります

−シンプルな家のために−

今の日本のほとんどの新築住宅は既製品の組み合わせで出来ています。玄関扉にはじまり、収納家具や建具、手摺などから巾木、額縁にいたるまで、既製品の組み合わせで出来ています。
既製品をつかうと設計や工事は簡単なのですが、それではシンプルな家にはなりません。

シンプルな家にする為にコストとのバランスを考えながら出来る限りオリジナルで製作しています。細かなデザインの積み重ねでシンプルな空間になるのだと思っています。

もちろん一切、既製品を使わないということは現実的ではないので、使う場合も出来るだけシンプルなものをセレクトしています。

標準仕様としてすべての家に共通すること

外壁材

工場ですでに表面の仕上がったサイディングを張った家を良く見かけます。張って終わりなので施工性が良く、手間がかかりませんが、どうしてもプラモデルのような家に見えてしまいます。シンプルで質感のある外観デザインの為に、外壁材は無塗装のサイディングに塗装を施しています。好きな色に仕上げることが出来ますし、将来塗り替えする時にも楽しみが増えます。

オリジナル玄関扉

家の顔となる玄関扉に既製品をつかってしまうと一気に普通の家になってしまいます。シンプルな家にはシンプルな玄関扉を。どれだけさりげなくなるかを考えてデザインしています。

すべての建具は造作扉

既製品の建具は大工さんが取り付けて終わり、建具に合わせて壁をつくっています。逆に造作の扉は大工さんが取り付けた枠を建具屋さんが採寸し、それに合わせて扉をつくります。そうすることで壁から壁、床から天井までピタピタにつくることが出来ます。無駄な部分がなく、壁に溶け込むようなデザインでシンプルな空間をつくります。

玄関・各部屋には造作の収納

シンプルな空間をつくるにはしっかりとした収納量が必要。造作でつくることにより空間を最大限に生かして収納量を確保します。また住む人により物の種類や量も異なる為、その人にとって一番都合の良い形になるようにデザインをすることが重要で、各収納個別に詳細図を書きます。

造作洗面化粧台

設備メーカーの洗面化粧台も機能的で良いのですが、デザイン的にあまり良いものがないので家具屋さんにつくってもらってます。大きさや収納の形、面材や水栓、洗面器も自由に選べるので世界でひとつの洗面化粧台をつくりましょう。

キッチン・ユニットバス

キッチンとユニットバスはコストのことを考えて、シンプルなデザインの設備メーカーのものを標準仕様ではセレクト。当然別のキッチンメーカーを選んでも良いし、その気になればシンク1つから図面を起こして、オリジナルのデザインでつくることや、ユニットバスではなくホテルのようなタイル張りの在来浴室をつくることも可能です。

その他

■構造・工法/木造<在来軸組工法>
ベタ基礎<基礎パッキン工法>

【外部仕様】
<外壁通気工法>
■屋根/ガルバリウム鋼板 縦ハゼ葺き
■外壁/窯業系サイディングの上、吹付け 又は 塗装仕上げ
■防水/FRP防水トップコート仕上げ
■軒裏/ケイカル板の上、塗装仕上げ
■基礎/モルタル金ゴテ仕上げ
■開口部/アルミサッシ+Low-E複層ガラス(A10)

【内部仕様】
■玄関土間/モルタル金ゴテ仕上げ
床/無垢オークフローリングの上、オイル仕上げ 又は
複合オークフローリングの上、オイル仕上げ
※水廻りはウレタン塗装仕上げ

【断熱材】
平成28年省エネルギー基準<充填断熱工法>
■天井/グラスウール断熱材(GWHG14-38)155mm
■壁/グラスウール断熱材(GWHG14-38)85mm
■床/押出法ポリスチレンフォーム断熱材(XPS3bA) 65mm

【換気方式】
第三種換気方式

■給湯/エコジョーズ(高効率給湯器)24号 又は
    エコキュート(ヒートポンプ給湯器)370L
■キッチン/システムキッチンI型2550 ※食器洗浄機付き
■浴室/ユニットバス1616タイプ
■洗面/造作家具、大型シンク+シャワー水栓
    サニタリーアクセサリー
■便器/タンク一体型シャワートイレ※各階
    サニタリーアクセサリー
■照明/LED照明※基本照明のみ
■その他/カメラ付きドアホン

上記標準仕様で
55万円/坪(税抜)※1 からシンプルなデザイン住宅を手に入れることが出来ます。
※1 木造2階建て 関西地区/法22条区域の場合